(敬称略)


大池 晶 漫才作家・夜間部1期卒 
1981年度上方お笑い大賞・秋田實賞を受賞。NHKをはじめ各局の演芸番組で中田カウス・ボタンなど 多くの演者の漫才台本を担当する第一人者。人気番組「生活笑百科」(NHK)「上方演芸会」(NHKラジオ)の作・構成も務める。

 

片山 良文 演芸作家・夜間部25期卒 
平成元年NHK演芸台本懸賞募集で入選。その後NHKを中心に演芸番組などを手がけ、民放のバラエティ番組にも 台本を提供。いとし・こいしからビッキーズまでベテラン若手限りなく、幅広い漫才台本を執筆中。

 

桂 蝶六 落語家・夜間部18期卒 
桂春蝶師匠に弟子入りし、古典、新作に意欲を見せる。異ジャンルを熱心に取り入れ新しい分野を開拓中。

 

木村 佳史 ディレクター、放送演芸作家・夜間部19期卒 
昭和62年NHK演芸台本懸賞募集で入選、平成11年上方お笑い大賞・秋田實賞を受賞。 東通企画で番組・イベント制作を経て、現在フリーで番組の構成などを手懸ける。 大木こだま・ひびき、ちゃらんぽらんなど多数の漫才台本も担当。

 

桑原 尚志 放送作家・夜間部27期卒 
「探偵ナイトスクープ」「クイズ紳助くん」など多数の人気バラエティ番組の構成を担当。 さらに報道番組、ドキュメント番組まで幅広く活躍している、シナリオ創作科の卒業生でもある。

 

児島 智 東通企画営業部プロデューサー 
ABCテレビ「ムーブ!」「熟女一人旅」他、バラエティ番組や情報番組の制作会社のプロデューサー。

 

高見 孔二 放送演芸作家・夜間部1期卒 
宮川大助・花子、レツゴー三匹、今いくよ・くるよ。横山ホットブラザーズ、夢路いとし・こいし ほか多数の漫才台本を執筆する実力派。MBS「上方漫才まつり」、ABC「アタック25」などの多くの番組の 構成を担当。

 

萩原 芳樹 コメディ・コント作家 
「俺たちひょうきん族」(フジ)。「人気者でいこう」(ABC)。 「ナンバ壱番館」(ABC)などを手掛ける。吉本新喜劇、コントも多数執筆。

 

藤田 曜 演芸作家 
夢路いとし・喜味こいし他、若手多数の漫才台本執筆。NHK「上方演芸会」、 MBS「上方漫才まつり」、うめだ花月でコントを担当。

 

本多 正識 放送演芸作家・通信教育部14期卒 
1991年度上方お笑い大賞・秋田實賞を受賞。トミーズを人気漫才師に押し上げる。 オール阪神・巨人、ハイヒールなどの漫才台本や「ナイトinナイト」(ABC)、「痛快エブリデイ」(KTV)、 吉本新喜劇など多数の台本を執筆。

 

村上 太 演芸作家・夜間部44期卒 
「クイズ!小豆島の首都は?」で「チキンラーメン夢大賞」漫才台本部門優秀賞。 ティーアップ。Wヤング、まるむし商店などの漫才台本を執筆、なんばグランド花月やテレビで 吉本新喜劇のレギュラー作家として活躍中。

 

湯川 真理子 放送作家・夜間部11期卒 
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」などバラエティ番組の構成を担当。

 

土屋 幸喜 放送作家・夜間部44期卒 
「よ~い!ドン」、「パネルクイズアタック25」他番組の構成を多数担当。

 

 

<コース>

●演芸・放送台本コース 基礎科 ---詳細はコチラ

●演芸・放送台本コース 短期集中 ---詳細はコチラ

●演芸・放送台本コース 通信教育部 ---詳細はコチラ

 




 

(今までご講義いただいた講師も含めます:敬称略)


大津 一瑯 シナリオライター
東映京都撮影所を経てフリーのシナリオライター。 映画「恐竜怪鳥の伝説」「百地三太夫」「激動の1750日」「残侠」Vシネ「第三の極道」 テレビ「柳生一族の陰謀」「影の軍団」「必殺仕置人」教育映画「ひまわり」他多数。

 

景山 理 シネ・ヌーヴォ代表
『映画新聞』編集長。内外の隠れた名作、秀作を宣伝、上映している。 関西のミニ・シアターをリードし、活発に展開している。

 

金井 貴一 脚本家・作家
映画作品『舞妓物語』。テレビ『部長刑事』『姑の復讐』『中学生日記』『心霊ドラマ』 『近松青春日記』『許さへんで!悪質商法』。推理小説『謀略の鉄路』等。

 

金 秀吉 映画監督・脚本家
監督作品「君は素足の神を見たか」「あーす」「千の風になって」 ビデオ映画『2002-尚美/蜜代』。脚本『潤の街』『湾岸道路』『橋のない川』他。

 

河野 清麿 INDIE'S PLANET 事務局長
大阪ショートショート実行委員会ゼネラルプロデューサー。

 

木津川計 「上方芸能代表」 和歌山大学客員教授
元立命館大学教授。「文化の街へ」「上方の笑い」「人間と文化」等。1998年菊地寛賞。

 

熊本 一 演出家・企画プロBOX
劇団大阪演出家。企画プロダクションBOX代表。

 

 
清水 啓太郎 電通キャスティングアンドエンターティンメント プロデューサー
映画の制作現場でフリーの制作部として作品に携わる。東京の制作会社でプロデューサーとなる。 2003年関西に移転。主な作品に映画「ミスタールーキー」、ドラマ「またのお越しを」他がある。

 

高林 陽一 映画監督
1931年京都西陣に生まれる。 日本の実験映画・個人映画の草分け的存在。 代表作に「すばらしい蒸気機関車」「本陣殺人事件」「金閣寺」「愛なくして」他。第28回山路ふみ子映画功労賞受賞。

 

棚瀬 美幸 劇作家(劇団 南船北馬一団)
「帰りたいうちに」で第7回日本劇作家協会新人戯曲賞大賞を受賞。

 

土井 陽子 劇作家・放送作家
テレビ『新・部長刑事アーバンポリス24』。戯曲『いだてん一代』『源氏マイラブ』『けむり太平記』。 潤色『夫婦善哉』『雨やどり』。

 

土居原 作郎 大阪芸大教授・元NHKチーフプロデューサー
主な作品『炎熱商人』『なにわの源造事件帳』他。演劇『包丁一代』『大阪侍』他多数。 『関西のテレビドラマ史』出版。

 

内藤 裕敬 劇作家・演出家・俳優
「南河内万歳一座」座長。1987年『唇に聴いてみる』でテアトロ・イン・キャビン戯曲賞受賞。 1989年、大阪市「咲くやこの花賞」を受賞。

 

浜口 雅昭 株式会社Step 社長
音楽制作チーフプロデューサー。

 

林 千代 放送作家・劇作家
テレビ『野々山家の人々』『必殺シリーズ』『新・部長刑事アーバンポリス24』『車いすの金メダル』、脚色『女の怪談 石蕗の花』他。Vシネマの脚本他。

 

日高 英雄 シアターBRAVA!プロデューサー
毎日放送で一貫してテレビドラマを担当。「シンシア~介助犬誕生ものがたり~」で 2004年モンテカルロテレビ祭最優秀賞にノミネート。現在、映画・ビデオ制作およびシアターBRAVA!で多彩に活躍中。

 

樋口 ミユ 脚本家・俳優
OMS戯曲賞を最年少、女性初、2年連続大賞受賞。 関西若手劇団作家として頭角を現す。現在ラジオドラマや雑誌の執筆など多方面で実力を発揮している。

 

平山 徳生 (アットアームズ)
企映像プロデューサーとして「大阪ガス」「シャープ」「JR西日本」など 数多くのCM制作に携わる。

 

深尾 道典 シナリオ作家・映画監督
学生運動の体験を元にした「曠野の歌」および「絞死刑」のシナリオで注目を浴び、共作の同作品でキネマ旬報脚本賞受賞。以来シナリオ、戯曲、ラジオやテレビの台本、エッセイを執筆。創作の喜びをわかち合うことを目標に講義を担当。

 

深沢 義啓 朝日放送テレビ制作部プロデューサー
「新・部長刑事」「土曜ワイド劇場」「サントリーミステリー大賞」「女と男の物語I、II」「人が殺意を抱くとき」。今秋から「恋するベトナム」のプロデュースを担当するなど関西のテレビドラマを支える。

 

和田 浩明 大阪芸大教授・元NHK芸能チーフディレクター
ラジオドラマの講義。ラジオ『釣り巡礼』『アブストラクト』。テレビ『けったいな人々』他。小説『球乱』にて神戸ナビール文学賞受賞。

 

かたおか しろう 劇作家(テキスト執筆者)
ドラマの基本を指導。主な作品に『大阪城の虎』『男どあほう大忠臣』『美男におわす八尾地蔵』『終わりに見た街』。

 

高木 真理子 劇団しし座演出家・大阪芸大助教授
実作指導。創作実習指導。演出作品マレー・シスガル作『虎』『タイピスト』(大阪文化祭奨励賞)別役実作品他。

 

真部 利治 アットアームズ 
企画・映像制作会社アットアームズ社長。著書に第1戯曲集「ああ!青春高校野球」
「劇作百花 第1巻」(共著)、小説「少年真吉行状記―いたずらのすすめ―」、 第2戯曲集「壊れた器」(いずれも門土社)がある。

 

眉村 卓 日本のSF作家
代表作「司政官シリーズ」で1979年に泉鏡花文学賞を、同年と1996年に星雲賞日本長編部門を受賞。「ねらわれた学園」角川で映画化。「まぼろしのペンフレンド」リメイクドラマ化。「妻に捧げた1778話」でご本人がモデルとなって映画化。

 

森原 信隆 IMAGICAウエスト
映像編集スタジオ IMGICAウエスト社長。




【卒業生講師】
井上 満寿夫 劇作家・夜間部15期卒
ラジオ、テレビを経て戯曲創作へ。主な作品「懐剣の緒」「銀行・五部作」「西鶴余情」「出迎えの家」「浪華一揆大塩乱始末」「奇蹟の銀行」他。

 

川合 敏夫 演出家・劇作家・演芸夜間部19期卒
「遥かなる波平」で1987年テアトロ・イン・キャビン戯曲賞佳作入選。

 

北林 佐和子 劇作家・演出家・夜間部94期卒
現在までに主にOSKで脚本・演出を担当。「闇の貴公子」が大ヒット。他に「魔剣士」「私は男役(おんな)」など。

 

高島 与一 シナリオライター・夜間部71期卒
「時の壁の中に」で第10回読売テレビゴールデンシナリオ大賞受賞。人権啓発映画「花咲く日」テレビドラマ他。

 

杉本 浩平 脚本家・小説家・夜間部45期卒
FM大阪などの構成台本作家としてスタ-ト。記録映画シナリオを始め、陳舜臣、和久峻三、田辺聖子らの脚色。 NHKラジオに「夢供養」、テレビでは「BKスペシャル─神戸外人墓地」の構成他多数。 また劇作家、小説家としても活躍。小説に「京都物語」・「よこはま物語」、最近作にラジオドラマ「インテリア・ライフ─古道具屋の机」がある。

 

西岡 誠一 劇作家・演出家・夜間部94期卒
「幸せさがそ」で文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞。Kiss-FMラジオドラマコンクール佳作入選。舞台創造集団「りゃんめんにゅーろん」代表。

 

藤原 伊織 脚本家・映画監督・舞台演出家・演芸夜間卒
キャプテンムービー代表。 演芸台本から舞台の脚本・演出、Vシネマの監督としてマルチに活動。
2012年11月、The 大阪 48 Hour Film Project 2012 に参加の ショートムービー作品「Holiday」(監督・藤原伊織)が、日本部門で優勝。翌年3月ハリウッドのチャイニーズシアターで上映。

 

まえかわ ゆみこ 劇作家・演出家・夜間部93期卒
3つのユニットを率いる劇団「空間 悠々劇的」代表。AM神戸「ゲキラヂッ!」番組構成・ラジオドラマ脚本・演出。「ユウ・コーポレーション俳優養成所」講師。 ストレートな舞台から即興ライブ、コントまで幅広く活躍中。

 

み群 杏子 劇作家・夜間部98期卒
二年連続文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作入選。ラジオドラマや童話、作詞でも活躍中。「ポプコンの降る街」「パセリの木」他、多数。

 

安田 真奈 映画監督・脚本家・昼間部13期卒
映画「オーライ」で各地映画祭3賞を受賞。日本映画監督協会新人賞ノミネート。テレビ「ひとしずくの魔法」「リトルホスピタル」 「喫茶隠れ家」監督脚本。「中学生日記」他、脚本執筆。

 

山崎 博子 映画監督・夜間部80期卒
インディペンデント(独立)映画「ジャクスタ」(リリアン・ギッシュ賞)。劇場映画「ぼくらの七日間戦争2」

 

山本 雄史 脚本家・劇作家・通信教育部106期卒
BKラジオドラマ懸賞募集で佳作入賞FMシアター『鳥が教えてくれた空』で文化庁芸術祭優秀賞受賞。中学生日記『おじいちゃんのふるさと』でブルガリア国際テレビ祭グランプリ。

 

 

 

<コース>

●実践!脚本創作コース 短期集中 (休止中)---詳細はコチラ

●シナリオ舞台脚本創作 通信教育部 基礎科 (休止中)---詳細はコチラ

●シナリオ舞台脚本創作 通信教育部 短期集中 (休止中)---詳細はコチラ

 

 

 



■今までに講師としてご参加下さった方々

 

(敬称略・50音順)

 

秋田 實(漫才作家)
足立 克己(漫才作家)
阿部 好一(演劇評論家)
有川 寛(読売TVディレクター)
池田 幾三(放送作家)
石堂 淑郎(脚本家)
井上 雅彦(作家)
今井 正(映画監督)
今井 雅之(俳優)
上村 令(徳間書店)
内田吐夢(映画監督)
内田 秀則(雑誌編集者)
梅林貴久生(脚本家)
浦山 桐郎(映画監督)
大岡 欽治(演出家)
大川 達雄(演劇評論家)
大橋 喜一(劇作家)
岡けんた・ゆうた(漫才師)
岡崎 巌(東通企画社長)
岡本 孝二(映画監督)
小栗 康平(映画監督)
荻野 慶人(演出家)
角井 佑好(NHK演出家)
かたおかしろう(劇作家)
桂 枝雀(落語家)
桂 米朝(落語家)
勝山 俊介(劇作家)
加納 健男(漫才作家)
上岡龍太郎(タレント)
亀井 弘明(毎日放送ドラマプロデューサー)
岸田 隆夫(松竹芸能)
熊谷 富夫(NHKプロデューサー)
倉本 聰(シナリオ作家)
黒木 和雄(映画監督)
紅 萬子(女優)
結束 信二(シナリオ作家)
こばやし・ひろし(劇作家)
狛林 利男(ABC制作者)
近藤 勝重(毎日新聞)
今 秀生(コミックBOX)
小松 徹(演出家)
小山 俊平(コピーライター)
さいとうたかお(劇画家)
しかた・しん(児童文学者)
重森 孝子(シナリオ作家)
茂山あきら(狂言師)
島田 開(映画監督)
寿岳 章子(国語学者)
人生幸朗(漫才師)
新藤 兼人(映画監督)
新屋英子(女優)
鈴木 瑞穂(俳優)
高田 宏治(シナリオ作家)
高橋 玄洋(放送作家)
高林 陽一(映画監督)
滝沢 一(映画評論家)
滝田洋二郎(映画監督)
武田 敦(映画監督)

 

 

竹中 功(吉本興業)
立川 義剛(ヤングサンデー副編集長)
田畑 実(劇作家)
津上 忠(劇作家)
寺島アキ子(放送作家)
竹本 浩三(喜劇作家)
冨井 善則(吉本興業)
トミーズ(漫才師)
ナインティナイン(漫才師)
長沖 渉(NHKディレクター)
中野 晴行(作家)
仲 武司(関西芸術座)
中田ダイマル(漫才師)
中西 武夫(ABC演出家)
西村しのぶ(マンガ家)
西村昭五郎(映画監督)
橋本 忍(シナリオ作家)
長谷川和彦(映画監督)
畑中弘子(児童文学・絵本作家)
早坂 暁(シナリオ作家)
林 信夫(プロデューサー)
原 一男(映画監督)
疋田 哲夫(放送作家)
人見嘉久彦(劇作家)
ふじたあさや(劇作家)
藤本 義一(作家)
堀川 弘通(映画監督)
前田 達郎(NHKディレクター)
前田 陽一(映画監督)
牧 美也子(マンガ家)
松下 煌(朝日放送プロデューサー)
松田 暢子(放送作家)
丸田 強(NHKプロデューサー)
三瀬日出男(電通コピーライター)
三田 純市(劇作家)
道井 直次(演出家)
湊 裕美子(演出家)
ミヤコ蝶々(女優)
宮本 輝(作家)
森川 時久(映画監督)
柳沢 寿男(記録映画監督)
山内 明(俳優)
山内 久(シナリオ作家)
山内 久司(ABCプロデューサー)
山田 和夫(映画評論家)
山田 太一(シナリオ作家)
山田 洋次(映画監督)
山本 薩夫(映画監督)
夢路いとし(漫才師)
横沢 彪(TVプロデューサー)
吉田留三郎(芸能評論家)
吉田 義夫(俳優)
米倉斉加年(民芸俳優)
わかぎえふ(エッセイスト・演出家)
若井小づえ・みどり(漫才師)
和多田 勝(エッセイスト)